World Heritage Tripitaka Koreana

圏域別旅行

カテゴリー
別検
お勧め : ..

パラグライディング

写真

  • パラグライディング 1パラグライディング 1
  • パラグライディング 2パラグライディング 2
  • パラグライディング 3パラグライディング 3
  • パラグライディング 4パラグライディング 4
  • パラグライディング 5パラグライディング 5
  • パラグライディング 6パラグライディング 6

觀光地 紹介

海抜 591mの高さの大岩山頂上から10台のパラグライダーが同時に離陸できる6千余㎡の広さの滑空場がある。山脈が南北に形成され傾斜が25~30度と緩い上、時速20㎞以下の季節風が年中吹くという滑空に最適の場所である。

パラグライダー(Paraglider)はパラシュート(Parachute)とハンググライダー(Hangglider)の特性を結合したもので、パラシュートの安全性、分解、組立て、運搬の容易性、そしてハンググライダーの滑空性と速度(speed)をすべて満たした理想的な羽の形態で作られました。パラグライダーは最初の離陸に他の動力を使わず人の力で引っ張って離をするので、人力滑空機と言えます。すなわち、別途の動力装置なく人が走りながら離陸するか、またはその場で離陸して飛行した後、再び人の足で着陸するスポーツです。大岩山(海抜 591m) パラグライディング滑空場は四方が開けて年中安定した気流が形成されるためいつでも滑降でき、周辺に陜川を曲がりくねって流れる黄江辺の白砂浜が広がっています。また、着陸にもとても良い条件を取り揃えており、同好家らの間では国内でも最適の条件を備えた所だという評価を受けています。去る2003年の第1回慶南道知事杯パラグライディング大会以降、全国の同好家らに知られて人気を集めるようになりましたが、大岩山の滑空場まで草溪、大陽の両方向に開設された7kmの林道がよく舗装されているため、重い装備で移動しなければならないパラグライディング同好家らには最高のコースとして認められています。

利用案内

  • お問い合わせ及び案内 : 055-930-3182
  • 住所 : 草渓面大岩山滑空場(慶南陜川郡草渓面元堂里山 41)
  • 利用時間 :
  • 休場日 : 年中随時
  • 入場料 :
  • ホームページ : -