★대체텍스트

心ツアー

心ツアー 1日目 : 大蔵経千年館▹海印寺ソリ道を歩く▹籠山亭▹大蔵経膳▹海印寺テンプルステイ or ガクサポルトン村 (宿泊), 心ツアー 2日目 : 海印寺テンプルステイ or ガクサポルトン村 (宿泊)▹ 伽耶山(南山第一峰)▹  陶磁器体験 ▹ 陜川博物館 ▹ 陜川昌寧洑 Recommended for
  • 陜川の代表的な観光名所といえば、海印寺が挙げられます。千年の古寺である海印寺の周辺では多様な冥想的体験が可能であり、 大蔵経の歴史が学べる大蔵経千年館も見学できます。 心ツアーを通じて、心の音に耳を傾ける時間を 持つことをお勧めします。
  • 般人の個人及び団体、学生団体、企業団体
  • 大蔵経記録文化テーマパーク	1
    大蔵経記録文化テーマパーク
    お問い合わせ及び案内 :
    055-930-4793  
    住所 :
    慶南陜川郡伽耶面伽耶山路 1160  
    "海印寺に保管されている大蔵経は、モンゴルの侵入により火に焼けた高麗初雕大蔵経をもとに、宋、契丹の大蔵経を比較・ 校正し、高麗時代の高宗23年から38年まで16年間にわたって完成した最も完璧な仏教経典である高麗再雕大蔵経です。高麗再雕大蔵経(八万大蔵経)は、750年余りが過ぎた今も81,258枚の経典の中に一字も漏れることなく5千2百余万字を記録した木版本で、現存する木版
    자세히보기
  • 各社営農組合法人 1
    各社営農組合法人(ガクサポルトン村 )
    お問い合わせ及び案内 :
    055) 931- 0900 
    住所 :
    陕川郡 伽耶面 鵝川里山 117  
    海印寺のある伽耶山の谷間に位置したガクサポルトン村には、赤い実と香りが美しいポルトン(菩提樹)の木があります。 昔から垣根の外に木を植えてその実を分け合ったというポルトン精神は、まさに分かち合いと愛の精神です。ガクサポルトン村では釜炊きお焦げ作り、豆腐作り、ジャガイモ掘り、ポルトン狩りなど四季折々の多様な山村体験ができ、最近新しく整備したペンションは最大100名まで収容できる規模で
    자세히보기
  • 陜川博物館	1
    陜川博物館
    お問い合わせ及び案内 :
    055-930-3753  
    住所 :
    慶南陜川郡双冊面黄江玉田路 1558  
    そばには黄江が流れ、後ろには玉田古墳群がある古代多羅国の跡に位置する陜川博物館は、陜川の伝統文化と歴史に対する正しい知識を提供しようという目的を持ち、第2伽耶文化圏の整備計画により1998年建立計画を樹立し、2004年10月に完工して同年12月9日に開館しました。 伽耶時代の多羅国の支配者の墓域として知られた玉田古墳群の遺物のうち、史料的価値の高い龍鳳文環頭大刀と金製耳飾を含む各種装身具
    자세히보기
  • 伽耶山 1
    伽耶山
    お問い合わせ及び案内 :
    055-930-8000(伽耶山国立公園管理事務所)  
    住所 :
    慶南陜川郡伽耶面伽耶山路 1502-9  
    朝鮮8景の一つで主峰である象王峰(1,430m)を中心に、鋸の目みたいな頭里峰、南山、飛鶏山、北斗山など海抜 1,000mを超える高峰たちがまるで屏風を立てたようにつながっており、南北で慶尚北道星州郡と慶尚南道陜川郡の境界を成す。陜川の方へ垂れた山裾は柔らかい陸山を成し、星州郡の方は険しい。頂上から見下ろす奇岩怪石と調和した秋の紅葉は自然の神秘感を感じらせ、雪に覆われた伽耶山の雪景
    자세히보기
  • 海印寺 1
    海印寺
    お問い合わせ及び案内 :
     
    住所 :
    慶南陜川郡伽耶面伽耶山路 1502-9  
    海印寺は新羅時代にその誇り高き華厳宗の精神的な基盤を拡充·宣揚するという名目で、いわゆる華厳十刹の一つとして建てられたお寺だ。華厳宗の根本経典である華厳経は、4世紀頃に中央アジアで成立した大乗経典の最高峰として元の名を大方広仏華厳経といい、東洋文化の精髄と称えられる。この経典に海印三昧という句節があるが、海印寺という名はこの「海印三昧」から由来した。 海印三昧はありのままの世界を限りなく深く
    자세히보기